大型犬にはクッションフロアで

2013年11月11日 12:40

ペットと暮らす人、ワンコ、犬と暮らす人にとって、やっぱり床材については一番気になるところですよね〜

すっかり放置のブログですが、随分前ですが、クッションフロアを敷き替えました〜♪

ペット用クッションフロア

マンションなので、普通のフローリングなのですが、上の階のお友達とか滑り止め加工(塗料?)とかしていましたが、大型犬では全然効果ありませんでした。

塗りたての新築当時、ゼファーも若かったので走り回ろうとするのですが、室内では滑りまくり。

大型犬同士なので、遊び方も派手ですから大変です。

お友達に滑り止め加工したんだけどね〜と言われてビックリでした。

やっぱりフローリングは、すごく滑りますよ。

しかも、掘るので傷だらけ。゚(゚´Д`゚)゚。


今はもう12歳のゼファーですが、10年前ぐらいはカーペットを敷き詰めたりしてました。

それも、カーペットがずれないように止めるには、下のフローリングが痛みます。

滑り止めのゴムマットだと、カーペットと同じだけ必要になるし、低粘着テープだとすぐにずれるし、高圧着テープにして、フローリングの表面が剥がれてしまったところも・・・。

なので、結局木調のクッションフロアを敷いていました。

・・・それも、掘られてボロボロ。

まぁ、8年ぐらい?敷いてたので十分元は取ったと思いますが、ようやく重い腰を上げて全室敷き替えました〜!

5分で敷けるテラコッタシート〜♪
↓買ったのはこれよん↓

あたたかみのあるテラコッタ柄のクッションシート

・・・3日かかりましたけど・・・家中敷き詰めたので、腰痛かったですよ。

もう、木枠とか、ちょっとした凹凸をカッターで細かく切りながら気が遠くなりそうでしたが、頑張って敷き詰めましたー!!

もう、見た目はものすごく満足です!

クッションフロアならではの、ベタっとした感じは元々木目調のクッションフロアを敷いてたので諦めてました。

が、ベタッと感が前よりアップ!掃除機重いーーー!(´Д` )

でもね、家中の雰囲気がガラッと変わりましたよ。

そして、何より足腰がふらつき始めて、最近はカーペットでも滑るゼファーですが、全然滑りません!


友人宅は本当にテラコッタタイルですが、やっぱり滑るんですよね。

将来の豪邸計画にはテラコッタタイルを考えていますが、外装用のザラザラのにしようかなぁ〜と。

あれって、ストッキングは破れるらしいですが、年中裸足の私もさすがに室内履きが必要なのでしょうか。


無垢の木でフローリングにするのが一番雰囲気もよく、犬のグリップがきくので最適・・と聞きますが、そんな大工の友人宅に昔ゼファーを連れて行って一回で出入り禁止に・・(そこは小型犬が居ました)

本当に本当にちょっとだけ掘ろうとしたんですよ、その傷が深くて修復出来ないらしいです(>人<;)

大工さんのお家なので、どうにか出来そうなものの、無垢の木はそれだけやわらかいってことなんですよね。

その愛犬がつけた傷も、シミも、味だと思える人なら無垢の木材フローリングもいいでしょうけども・・・。


ま、何はともあれ、ゼファーの毎日が快適であることが最優先なので、今はクッションフロアで大満足です\(^∇^)/

ペット快適専科 ~クッションフロア~

2009年11月18日 19:49

今回たまたま仕事で使うカーペットを選んでいて見つけました。
(とある事務所のエントランス提案だったのですけど)
『ペット快適専科』!

住宅メーカーはいろいろペット向けの住宅プランを出してきてますけど、建材などのメーカーも商品を開発してるんですね~
ひと昔前に、犬は外で飼うものなんて言っていた親にも教えてあげたいですよ。

今回みつけたのは、壁紙床材の大手メーカーのサンゲツさん。
ペット対応の床材として、ちょっと分厚いクッションフロアを販売されてるみたい。
クッションフロアかよ・・・と残念なため息はおいといて。

ペット快適専科っていう商品名で、木目と抽象柄(石調かな~)やわらかい色調で、室内に使いやすい柄です。
ペット対応というと、まず考えるのが、臭い汚れ。
消臭機能付きらしいです。
まあ、ビニールだからね、汚しても拭いたらおしまい。
臭いが染み付かないのは優秀なのかなぁ。
私はあんまり重視してなくて、換気すれば?って思ってしまいます。

そして犬を飼ってみて、飼い主が結構ショックをうけるのが爪の傷!
普通に歩いてて、そんなに傷がつくもんじゃありませんが、掘るんです。
犬も、猫も、その習性から掘りまくるんですわ。
ここで寝たいとか、ここ気になるってところをガシガシガシガシ、
ココ掘れワンワン!!

掘らないワンコや、ニャンコは、背中にチャックでもついてませんかね。 笑

真新しいフローリングに傷がついたら、新築だったらかなりのダメージですよ。
でも、それぐらい軟らかいムクなどのフローリングだったら、犬の脚にはいいんですよね。
本当はね。
その傷まで愛おしく思えるかって感じですよ。

うちは、ホームセンターで購入したクッションフロア敷いてるんですけど、爪あとはほとんどつきません。
ちょっとやそっとではつきませんが、掘りまくる場所は結構傷ついてきてます。

でも、この商品はかなり分厚いらしい。
ということは、すべりにくい!という事でもあるんですよね。
だとすれば、防音効果も期待できるでしょう。
マンションのフローリングって、またつるつるでよく滑るんですよね。
分譲時、オプションで滑らないワックスとかありましたけど、選んでないし。

結局、うちのマンション内、廊下リビングにクッションフロアをほとんど敷き詰めました。
簡易に貼っただけですが、そのまま使ってます。
ちゃんと施工してもらってもいいんですけどね、汚れたり破れたらまた張り替えようと思って、ず~っとそのまま使ってます。

ほんと、クッションフロアってちょっと安っぽい感じだし、ベタベタした感じが嫌だって人も多いと思います。
でも、大型犬とっては特に、その辺を目をつぶったとしても最適だと思います。

うちの夢の豪邸も、リビングとかはタイルにしようと思っていますが、寝室とかバックヤード的なところはクッションフロアにしようかと・・・
ペット用のトイレをどこに置くかにもよりますが、トイレは絶対クッションフロアですよね。
拭き掃除が楽だもの。

そんなクッションフロアを自分で敷いてしまう動画まであるお店みつけましたので、のぞいてみてね。

壁紙屋本舗のクッションフロア ペット快適専科


カーテンはマンションの購入時にはご一緒に?

2009年04月19日 23:50

マンションを契約した時に、オプションを指定しますが、カーテンも聞かれますよね。
設備ではないので、オプションといっても何だか違うんですが。

カーテンはピンからキリまであります。
マンション購入時に一緒に頼むと一流メーカーであつらえてくれるのですが、既成のサイズではなく、その各部屋の窓サイズに合わせて作ってくれるので、また高い!
実際、窓のサイズを測ってカーテンのタイプにあわせて長さ大きさを割り出して・・と簡単ではありません。
が、窓のサイズを自分で測ってお気に入りのショップで注文すれば、その半分ぐらいの金額ですみます。

なので、カーテン生地から自分で買って、真直ぐ縫うのだけであれば、是非頑張って自分で作りたいと。
ドレープは作れなくても、プリーツテープを真直ぐ縫い付けてですね、3本足プリーツフックを使えばいいんですから。
そうして、リビングのレースカーテンは自分で作りました。

と、それは今のマンションの話。
ここに住むと決まった時はまだペットは飼っていなくて、まさかカーテンがこんなことになるとは思ってませんでしたから。
20090419.jpg
もう、すっかりゼファーのヨダレ拭きになっています。

猫ちゃんでも、よじ上る子多いですよね。
ゼファーも子犬の頃はカーテンの裾で遊ぼうとしましたから、いつもくくり上げてました。

そう、カーテンは犬猫の最高の遊び場となってしまうわけです。
破られなかったのが幸いですわ。

なので、最近お友達の家のカーテンで教わりました。
前に読んだ本にも載ってたんですが、上にたくしあげるタイプのカーテンがいいんですって。
ロールスクリーンとか、ブラインドでもいいんですが、インテリアとしてはローマンシェードカーテンにしたいと思っています。

ローマンシェードとは・・サンゲツのカーテンのサイトに飛びます。

シェード用の手作りパーツも売ってるんですが・・・

夢の家のカーテンはローマンシェードで発注しようかなと。

補足ですが、ファブリック(布もの)は、すごく臭いを吸収します。
なので、ペットを飼っているなら洗濯はまめにした方がいいでしょう。(自分に言い聞かせて!)
また、消臭効果のある生地もあるようですよ。

更に、近隣への防音対策として、遮音カーテンを使うという手もあります。
壁一枚でお隣のあるマンションでは、特に効果的かもしれません。
窓から外へもれる音は壁伝いに聞こえる音より意外に大きいものです。

でもその前に、何を吠えてるのかコミュニケーションが大切だと思います。
あんまり怒ってると血圧上がりますから。汗




最新記事