スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大型犬と暮らすと家がキレイになる-2

2009年04月30日 22:10

200904292.jpg

大型犬と暮らすと家がキレイになるなんて、普通では考えられません。
現在は、マンションのペット専用棟に住んでいるんですけども、うちの場合は決してキレイとは言えません。汗

でも、ゼファーと暮らす為に、このマンションを購入したので、ゼファーのいない生活なんて考えられないので、大型犬がいなかったらどれぐらいキレイに暮らせてたかなんて、想像もできません。

元々、掃除は得意ではないので、カーペットを敷いているのも、毛がめだたないからだったり。
相方も汚くても大丈夫な人なので、ほっといたらどうなっていたか考えると、ゼファーがいるからずいぶんキレイに暮らしていると思うんですよ。

ともかくゴールデンレトリーバーなので、抜け毛がすごいです。
・・・でも、ここ数年ブラッシングのしすぎかファーミネーターのしすぎか、すごい少ないんですけど。
否が応でも掃除機を定期的にかけます。
独身時代なんて、いつかけたか覚えてないぐらいだったし。

マンションの玄関はバリアフリーに出来ているので、段差がほんの1cmぐらいです。
散歩から帰ったら、玄関先でブラッシングして足拭いてあげますが、いくらそうして土や葉を落としても(芝生とかでは、すぐゴロゴロするからね~)風が強い日なんか、ドアを開けると部屋にホコリや枯れ葉が入ってきます。
だから、ザラザラした廊下を拭き掃除までしてますが、昔の私には考えられませんよ。

そして、靴!
このマンションの玄関は大理石なので、冷たくて気持ちいいのでしょう。
ほとんどの季節、ゼファーはそこで寝てます。
でも、夜は自分のベッドに来るから不思議ですけど。分かってんのかいな。
だから、靴やスリッパがあると、ガシガシされます。
散歩から帰って、すぐ出かけるからとそのまま出しておいても、持って来られます。
もちろん、お客さんが来ようもんなら、全部持って来ます。
ですから、我が家は外から帰ったら、全て靴は靴箱に!
お客さんのはフェンスで仕切る!
下駄箱に入らなくなったら、いらない靴は捨てる程。

だから、玄関が脱ぎっぱなしの靴でぐちゃぐちゃとかありません。
ほんと、片付いてますよ。

後、リビングなどもゼファーの届く範囲は狙われるので、結構片付いてます。
・・・問題は届かないところでして、そこらはゴチャゴチャですが。
ちょっと洗濯物カゴから靴下が落ちてても持ってきてくれますし。汗

結論。
私たちの家は、大型犬と暮らすことでキレイになってます。

注:ゼファーが届く範囲に限る。笑

スポンサーサイト


大型犬と暮らすと家がキレイになる-1

2009年04月29日 23:24

200904293.jpg

大型犬と暮らすと家はキレイになるのでしょうか。
実は似たタイトルの本があるので、その紹介もしようと図書館で借りてきました。
でもね~ちょっと突っ込みどころが多過ぎて。汗
ちょっと私の感覚からは、かけ離れていて、正直ビックリしました。

私は自宅で仕事をしているので、自分の運動不足の為にも大型犬を迎えたんですけど、その著者は共働きで家を空けている時間が長いにもかかわらず、レトリーバーの犬種がどんなものか知らないのに、目が合ってしまってペットショップから連れ帰ってくるんですよ。
初めての犬は、どうしてもそういう出会いになるのかもしれませんけど、この人は犬文化が日本よりよほど進んだドイツに暮らしていた事を本の後半に披露するわけですよ。
なのに、そんな出会いでいいのかと。

レトリーバー系は、従順だし訓練性も高いのでマンションでも飼える大型犬です。
でも、それ以上に人が好きで寂しがりなんですよね。
これは、私も暮らしてみてから感じた事なんですけど、ゼファーなんかは、ともかく家族と一緒にいることを一番の幸せと感じてるようです。
だから、番犬として外で飼うなんて考えられないし、留守がちな家庭もちょっと・・と思ってしまいます。
(注:著者は室内飼いですが、留守中はお世話してくれる人を頼んでいた様です。お金持ちなんかな。)

それでも、犬はその家庭しか知らないのだし、順応性も高いですから、そこの家族として育っていきますよね。
その様を書いてはるんですけど、朝は食パン2枚かご飯2杯・・・って、もう開いた口が塞がらなくなりました。
最後まで読みましたけど、ご主人がたいそう出来た人で、ちゃんとしたしつけについて書かれてましたよ。
ご主人の犬との接し方や、ドイツの話は面白いのですけど、自分はダメな自覚はあるんですよね。
まあ、人それぞれ。
家庭もいろいろですけどねぇ。
私は共感できないことが多過ぎました・・・。

でもって、大型犬と暮らすと家がキレイになったのかも印象に残らず。
タイトルから遠く離れて、親馬鹿な本でした。
親馬鹿だけは、大賛成ですよ。
うんうん。

・・・で、うちの場合は・・・つづく!

ベランダガーデニング 雨の日に掃除・・・

2009年04月26日 13:07

20090426.jpg
マンションなんでベランダガーデニングしてます。
・・・といっても、今年咲いたチューリップは結局これだけ。汗

他には、中途半端に白も咲きましたが、その他全部で50ぐらい植えたはずやのに、全滅。
芽が伸びずに枯れてますよ。
土が古いんかな。
再生用の土をまぜて腐葉土も入れてるのにさ。

そのチューリップの株を分けてくれたお友達宅では、地植えで咲き誇ったらしいので、やはりベランダのガラス越しの光では足らないのか。泣

でもって、昨日大雨だったのでベランダ掃除しました。
全体に水を流してデッキブラシでゴシゴシ!
マンションの一番下のお宅のテラスに水が落ちると悪いかと思って、いつも大雨の日に掃除します。
どうせ雨だし、迷惑度合いも少ないかと。どうでしょうか。

なのに!

今日は、この暴風ですよ。
植木鉢も倒れ、土は散乱し、葉っぱもどっさり舞散りました。
元の木阿弥。
あ~あ。大泣



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。