スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ペット飼育可能なマンション

2009年05月31日 16:51

20090531.jpg
晴れたり曇ったり、お散歩コースが悩ましい日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

ゼファーのための豪邸を夢みるブログも、全然実現に近づかないので、最近のマンション近況を。

うちの近所は、それはそれはたくさんのマンションの乱立時代を迎えております。
私たちが今住んでいる所は、ペット専用棟で、発売当時ペットの飼えるマンションも少なかったです。
それから比べるとなんと選択肢の広がったことか。

ここ最近建つ大型マンションは、どこもペットの飼育が可能な場合が多いですね。
それでも、まだ人集めのように、1階だけに足洗い場を作った表向きペットに優しいマンションが多い様です。
たいていの場合、マンション内はペットは抱いて移動することになっているようですね。
・・・で、足洗い場が1階なのは、意味がないのでは?って感じです。
それに比べて、グルーミング室があるようなマンションも出始めました。
しかし、大型犬が飼えるマンションはまだまだ少ないですね。
エレベーターを使われたくないのでしょうけど、1階だけOKとか。

その結果、マンション内の公開空地である公園には、小型犬達がたむろすることとなっています。
ナワバリ意識が強いと言うか、どうみても飼い主がよそ者を警戒しているため、私たちのように他の地域からのお散歩犬を見かけると、ものすごく吠えます。
そして、飼い主はその犬を抱き上げるので、よけい強気になる犬は、さらに吠えまくることに。
数頭のノーリードの小型犬に追い立てられ囲まれる様に吠えまくられる・・・という事が、やはりマンションの乱立と共に増えたような気がします。

小型犬だからといってしつけをしなくてもいいことはないでしょう。
そんな飼い主のモラルのなさで、さらにペットをよく思っていない人が嫌な思いをし、大型犬だともっと迷惑なはず!と思い込むんですよね。

しつけのされていない大型犬は、確かに大変です。
でも、それは飼い主も同じで、そんな大変な思いをしないために、ちゃんとしつける場合がほとんどです。

日本のペットに対する意識がなかなか高まらないのは、家族としてではなく、趣味としてのペットという意識がまだまだ多いからでしょうか。
マンションでも小型犬が飼える事が多くなった昨今。
自分の子供が、近所の人に挨拶出来る様に教える人であれば、ワンコにもよそのワンコとちゃんと挨拶できるように教えてもらいたいものです。

最近は挨拶の出来る子供も少なく感じます。
マンションのエレベーターで元気に挨拶してくれる子もいてますけどね。
スポンサーサイト


マンションの通気に 採風勝手口ドアは無理!

2009年05月24日 00:40

20090523.jpg

今朝は、マンション内の消防点検で起こされました。
といっても、うちは来週の予定、近所で点検していたお宅があったらしく、
朝っぱらからゼファーがワンワンワン!
点検時の『ピーポーピーポー!』だったり『火事です!火事です!』って音声が気になるらしく、うるさいったら・・・
怒って二度寝しても、またワンワンワン!
昼まで寝たかったけど、適当に起きました・・・

最近は、起きたらまず窓を全開にして空気を入れ替えます。
気持ちのいい季節ですよね。
マンションって割と窓を開けっ放しにして寝ても、泥棒とかの心配してませんよね。
一戸建てだとそうはいきません。
マンションでも1階・2階に住んでいたら、そうはいかないかもしれませんが、うちは結構ベランダとか開けたまま寝てます。
ペット専用棟だから、今日の様に、ちょっとした物音にも近所中、大型犬も小型犬も大合唱ですから、泥棒もわざわざこの棟は狙わず、隣のマンションに行くのではと・・・汗。

ですが、寝室の窓は開けて寝れないのです。
2カ所窓があって、腰高より上の窓は、風が結構直接寝ているベッドに吹き込むので閉めてます。
もう一方、裏のベランダに出れる掃出し窓があるんですが、変寸だからか、FIX+ドアなんです。

そして、ジャバラの網戸(アコーデオン網戸)がついてるんですけど、風で上下に隙間ができます。
これじゃあ、虫さんも入り放題って感じなんですよ。
だから、ず~~~っと閉め切ってます。

実家の勝手口は、数年前に『採風勝手口ドア』にしました。
上下のスライド窓がついていて、もちろん網戸は全面についていて、格子もついてるドアです。
上下スライドを開けると、上部と足元から風が入るので、ゼファーとか絶対いいのに!
マンションって、窓やドアは共有部分だから工事とか勝手にしてはダメなんですよね・・・

勝手口ドア

いいな~採風勝手口ドア・・・
夢の豪邸では、床に近い低い所に、細い窓をつけようと思ってます。
人は入れないけど、風はぬけるようなの。
もしくは、こんな採風勝手口ドア、希望~


ホーム保安灯

2009年05月18日 02:22

昨日、停電がありました。
在宅中の停電は初めてかもしれません。
テレビが壊れたのかもと思ってしまいました。笑
隣のマンションは同じく真っ暗でしたが、少し離れたマンションはコウコウと電気がついていたので、ほんとに狭い範囲での停電だった模様です。

いつもゼファーがしっぽブンブンですぐに点いてしまう『ホーム保安灯』。
今まで結構意識したことなかったんですが、昨日のマンション全体の停電時には心強かったです。
まあ、カーテンを開ければ外も真っ暗ではなかったので、何も見えないのではないのですが、廊下がサッと『ホーム保安灯』で照らされたので、ちょっと感動しました。
さっそく相方は、それを手に分電盤見てみたりしてました。
後で取説を見ると、取り外して40分程、懐中電灯として使えるそうです。
充電式なので、もうこのマンションが建ってから結構な年数がたってるし、40分はもたんだろうなぁ~

まあ、夢の豪邸にも『ホーム保安灯』を採用したいと思います!

20090517.jpg

合計3回も断続的に停電したんですが、2回目の停電の後、ゼファーをトイレに出した時です。
また消えてエレベーターに閉じ込められたら嫌なので、2フロア分だし、階段で行こうとしました。
すると、そんなにトイレに焦ってなかったのか、ゼファーはガンとして階段を下りようとしません。
エレベーターで行こうやと言います。(そんな感じで)
『そんな事言わんと階段で行こや』と説得してたら、また電気が消えました。
『ほらな』と一旦家に戻って、相方に『危なかったわ~』と報告。
すると、相方も一緒にトイレ散歩に出てきてくれたのですが、今度は階段を一目散に降りるゼファー。

その後はもう停電はありませんでした。
ゼファーの動物的なカンってのは、あてにできませんな。




最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。