大型犬と暮らす夢の土地探し

2009年09月21日 01:44

今日は琵琶湖へ遊びに行って来たんですよ。
(渋滞で散々な様子は相方の毎日更新ブログへ)
いつも行く浜があるんですけどね。
水がいまだに怖いびびりんちょのゼファーに最適な浜なんです。
ともかく遠浅で波がない。

今日なんて沖のジェットスキーが起こしてる波だけじゃないかと思うのに、いちいち波にびびってましたが・・・・汗。

将来、ここに住みたいな~と思うんです。
琵琶湖畔が好きな理由は、夫が土地勘があること。
昔仕事で関わっていたので、いろいろよく知っています。
そして、水のそばでありながら水の災害(つなみとかね)の恐れが少ないこと。
そして、雪が降る土地である事。コレ大事!

車で通り過ぎながら、『ここ売り地よ』とか、『ここは借地だって』とか言いながら物色して楽しんできました。
でも、まだまだ夢の豪邸は全然未定の予定のままなんですけど。
しかも夫婦二人とも長男長女なので、親同士が10分の距離に住んでいて、将来介護が必要になったら近くに住まないといけないだろうなと思っています。
だから、琵琶湖畔に暮らすのは夢の話なのですけど。
物心ついた時頃から、歳取ったら面倒みてやとか言われてるし・・・

大型犬でも遊べる広いドッグランと自然に囲まれた暮らし・・・したいなぁ。

琵琶湖畔にて

ともかく私は自分の住みたい所は足で探すタイプ。
今まで一人暮らしで何度も引っ越してきましたが、ともかく住みたい地域を歩き回ります。
商店街や町の感じや、どんな建物があるかなど。
そして、このマンションいいなと思ったら管理してる所をメモっていきます。
そして電話してみたり、その土地の不動産屋をハシゴしたり。

結局、数カ所引っ越ししましたが、そのうち一番長く住んだ所の近くで憧れていた地域があったんですよね。
そこではありませんが、近くで見つけたのが今の大型犬まで飼える分譲マンションの広告。
めでたく大型犬との暮らしを手に入れた訳です。

だから、今日うろうろしてきた地域に将来住めないかもしれませんが、別の所であったとしても、多分何度もその地域に通って、買い物はどこだとか散歩出来るコースはどこにあるのかだとか、見てから決めたいと思っています。

やっぱり大型犬との暮らしに欠かせないのは、『木陰のある散歩コース』
私はこれにつきますね!

今は結構めぐまれてるんだなぁ~
 

大型犬を公営住宅で飼えるか?

2009年09月02日 22:15

大型犬を公営のマンションで飼うのは、まだまだ難しいみたいです。

今日の新聞より『公営住宅 ペット論争』と題した記事がありました。
民間の集合住宅では、ペット飼育出来るマンションが増えましたが、公営の住宅では飼えないものだと思っていました。
でも、記事を見ると、UR(旧住宅公団)ではペット共生の賃貸住宅も増えているらしいです。
『小鳥、魚、避妊や去勢手術をしたイヌ・ネコなどの小動物に限定し、飼育規則の順守と飼育者が運営するペットクラブへの入会の義務づけ』とありました。

なるほど・・・詳細は分かりませんが、ゴールデンレトリーバーのゼファーが小動物に入りそうには思えません。
大型犬は、やっぱり公営の集合住宅ではまだまだ難しいですかね。

それはそうと、規則の中で、避妊や去勢を義務づけるのもいい案だと思いますが、訓練士やしつけのプロの人が介入することは出来ないのでしょうか。
今日も散歩中に小型犬の団体に吠え立てられました。
気持ちのいいものではありませんよね。
挨拶まではなかなか難しいかもしれませんが、他の犬や人に対して吠えないという事も基本的なしつけだと思うのですけど。

やはり小型犬だからと安易に飼う人が多いから、飼っていない住民との間でのいざこざは減らないし、『ヤミ飼い』と言った迷惑な人が後を絶たないのでしょう。

一方、大阪の府営住宅では新しい試みが。
原則として飼育禁止は変更しないものの、8割の住民の合意、ルール作り、ペットクラブの作成などを自治会で採決できれば飼育を許可するというものです。
反対住民への説明もきちんと行い、苦情が来た場合にはペットクラブが間に入って飼い主を指導するなど、行政が規制するのではなくコミュニティで解決していこうと言う試みだそうです。

ダメ!と押さえつけるのではなく、何が迷惑でどんなルールがあれば飼っている人と飼っていない人の双方が気持ちよく生活出来るのか、話し合えるのであれば、その方がいいですよね。

私達の住んでいるマンションは大型犬まで飼えますが、グルーミングルームの使い方や、エレベーター内での排泄など、今でもいろいろと何か問題があります。
住民も変わっていくので仕方のないことですが、すっかり活動が減ってしまったペットクラブがもう少し機能するといいなぁと思いつつ、最近は役員の方に任せっぱなしで・・・

最初から大型犬が好きな人ばかり集まって企画されたコーポラティブハウスなどは、夢の様な企画だなぁと・・・

大型犬と暮らす家




最新記事