スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マンションは、どこをみて買うか!

2009年11月28日 13:37

マンションの購入を決める際、犬が飼える事が絶対条件だった我が家ですが、一応いろいろマンションのモデルルームを見てまわりました。
『犬が飼えるマンション』は、4~5件ありましたが、『ペットを飼う人のためのマンション』は、ここだけだったので、購入を決めました。

マンションを買う時に気をつけたい点について、先日水道工事に来た業者さんが熱く語って帰ったのですが、その話が面白いものだったんです。
その人は、どうやらマンションの管理などの仕事もしているらしく、それはそれはいろんなマンションを見ているのだそうです。
その中で、絶対に自分は買いたくないマンションとして『小川とかの水が流れる様なマンション』『駐車場が機械式のマンション』を上げていました。
それ、どっちもうちですが。汗。
管理費高いでしょ~って言われましたよ。


水景のあるマンションは、絶対にその分の管理維持費が必要だかららしいです。
ポンプのメンテが何年かに一度必要なのですが、それがすごく高いそうです。
確かに管理費は高めですけど、その雨水タンクは火事などのいざという時のためのものだと思うのですけど、実際はどうなのか知らないですね。

駐車場も、今では自走式の駐車場別棟のマンションが多いですが、当時は機械式ばっかりでしたね。
立体駐車場だと、10年を超えるとメンテに費用がかかってくるそうです。
最悪のケースでは、壊れてしまって、その部品がもう古くて無いので、住民がお金を出して作り直さなければならなくなったそうです。
一軒あたり50万円程の出費になったそうですが、払わない家があったり、それじゃあ出て行く!と言った家もあるそうですが、逆にそんな駐車場が使えないマンションは売りにくいですよね。
確かに、うちのマンションも雨のかかるところの傷みはひどいそうです。
ただ、夫が言うには、最大手の機械式駐車場なので、部品が無くなる事はそうそうないだろうと。
駐車場用の修繕積立金も計画に入っているので、大丈夫だと思っているけど、実際は空き駐車場が多いから予定通り積立金が貯まっていないことは心配だと言っていました。

ちなみに、水道栓の修理で来てもらった業者なのですが、同じ修理を隣の棟でも数件したと言っていました。
塩素濃度の関係で、同じぐらいに傷みがでてくるそうです。
そして、そこも犬を飼ってたよと言うのです!
そこは、ペットを飼ってはいけない棟なんですけど!

このマンションを買った理由のひとつとして、ペットを飼える棟と飼えない棟を分けているので、犬猫を好きではない人は、別の棟を買うだろうと思ったからでもあります。
様々な事情でペットがいない事を理由に購入した家庭もあると思うのです。
それでも、マンションの手前でバッグに犬を入れて裏口から入っていく住民をたまにみかけます。
管理組合でも問題になりましたが、『飼っていない』の一点張りらしく話になりません。

かわいそうなのは、こそこそ飼われているペットですよ。
絶対にヤミ飼いはやめて欲しいと思います。

何を基準にマンションを買うかは、人それぞれの価値観によりますが、ペットの事もきちんと考えて欲しいなと思います。
その時の業者のおっちゃんの基準は、いかにメンテに費用がかからないかが基準らしいです。

それも大切だとは思いますが、長くなったので私たちがこのマンションを買った他の理由は、また今度。
スポンサーサイト


ペット快適専科 ~クッションフロア~

2009年11月18日 19:49

今回たまたま仕事で使うカーペットを選んでいて見つけました。
(とある事務所のエントランス提案だったのですけど)
『ペット快適専科』!

住宅メーカーはいろいろペット向けの住宅プランを出してきてますけど、建材などのメーカーも商品を開発してるんですね~
ひと昔前に、犬は外で飼うものなんて言っていた親にも教えてあげたいですよ。

今回みつけたのは、壁紙床材の大手メーカーのサンゲツさん。
ペット対応の床材として、ちょっと分厚いクッションフロアを販売されてるみたい。
クッションフロアかよ・・・と残念なため息はおいといて。

ペット快適専科っていう商品名で、木目と抽象柄(石調かな~)やわらかい色調で、室内に使いやすい柄です。
ペット対応というと、まず考えるのが、臭い汚れ。
消臭機能付きらしいです。
まあ、ビニールだからね、汚しても拭いたらおしまい。
臭いが染み付かないのは優秀なのかなぁ。
私はあんまり重視してなくて、換気すれば?って思ってしまいます。

そして犬を飼ってみて、飼い主が結構ショックをうけるのが爪の傷!
普通に歩いてて、そんなに傷がつくもんじゃありませんが、掘るんです。
犬も、猫も、その習性から掘りまくるんですわ。
ここで寝たいとか、ここ気になるってところをガシガシガシガシ、
ココ掘れワンワン!!

掘らないワンコや、ニャンコは、背中にチャックでもついてませんかね。 笑

真新しいフローリングに傷がついたら、新築だったらかなりのダメージですよ。
でも、それぐらい軟らかいムクなどのフローリングだったら、犬の脚にはいいんですよね。
本当はね。
その傷まで愛おしく思えるかって感じですよ。

うちは、ホームセンターで購入したクッションフロア敷いてるんですけど、爪あとはほとんどつきません。
ちょっとやそっとではつきませんが、掘りまくる場所は結構傷ついてきてます。

でも、この商品はかなり分厚いらしい。
ということは、すべりにくい!という事でもあるんですよね。
だとすれば、防音効果も期待できるでしょう。
マンションのフローリングって、またつるつるでよく滑るんですよね。
分譲時、オプションで滑らないワックスとかありましたけど、選んでないし。

結局、うちのマンション内、廊下リビングにクッションフロアをほとんど敷き詰めました。
簡易に貼っただけですが、そのまま使ってます。
ちゃんと施工してもらってもいいんですけどね、汚れたり破れたらまた張り替えようと思って、ず~っとそのまま使ってます。

ほんと、クッションフロアってちょっと安っぽい感じだし、ベタベタした感じが嫌だって人も多いと思います。
でも、大型犬とっては特に、その辺を目をつぶったとしても最適だと思います。

うちの夢の豪邸も、リビングとかはタイルにしようと思っていますが、寝室とかバックヤード的なところはクッションフロアにしようかと・・・
ペット用のトイレをどこに置くかにもよりますが、トイレは絶対クッションフロアですよね。
拭き掃除が楽だもの。

そんなクッションフロアを自分で敷いてしまう動画まであるお店みつけましたので、のぞいてみてね。

壁紙屋本舗のクッションフロア ペット快適専科




最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。