スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大型犬と暮らせる環境の条件〜バリアフリーで

2014年01月16日 21:32

今お住まいのところは、大型犬と暮らす前からお住まいでしょうか?

それとも、大型犬と暮らすために引っ越したお家でしょうか?

20140115.jpg

我が家は、最初コーギーを迎えるつもりで犬を飼えるマンションを探していましたが、元々実家でラブラドールを飼っていたため、大型犬でも一緒に暮らせるマンションを探していました。

そして、引っ越して約半年してからゴールデンレトリーバーのゼファーを迎えました。

元々軟弱なので、一人暮らしの時に賃貸マンションを探した時も、
絶対条件は、「エレベーターがあること」
だったのですが、

大型犬と暮らして、今思う絶対条件も変わっていません。


ゼファーは元々股関節も浅いので、歳をとって歩くことに疾患が出ることが予想できました。

さらに何より、大型犬の介護を考えると、階段は絶対にNGでしたね。

最近のゴールデンレトリーバーは、20kg前後の子もいるので、担げないことはないと思いますが、それでも毎日のことになるかもしれません。

実際にゼファーは30kgオーバーなので、私には抱けませんし。


だから、夢の豪邸計画も最初の予定は平屋でした。


今は、部分的には二階があってもいいかな〜と思っていますが、基本的な普段の生活は1階で考えています。

そして、外との段差もできるだけ少な目に・・・・

やはり歳をとったら、ブロック1段でもつまづくとか聞きますし、そのために補助リードの様なものも必要になるかもしれません。

スロープが作れる場所だったらいいですけどね。

そして、欧米の家のような靴を履いたままの生活もいいかな〜と思っています。

ただ、ホコリの上がってほしくないところは、やっぱり少し高さがいるのかなぁ。

それにしても、階段にすれば1段程度の段差にしたいな〜と。

そんな事を考えると、マンションぐらしは全く段差がなくて快適です。

玄関もお客様が躊躇するぐらい、1cmぐらいの石の框があるだけです。

バリアフリーが徹底されてるマンションなので、その点ゼファーにはよかったと思っています。

ホコリが入ってほしくない部屋には、実は5cmほどの木の棒を入口に置いてます。

お客さんがつまづいてしまいますが・・・このおかげでその部屋にゼファーの毛のホコリがフワフワ入ることもありません。
・・・掃除を毎日しろよって話でもありますが(;^ω^)


というわけで、
大型犬と暮らす家の条件として「バリアフリー」いいと思いますよ〜

スポンサーサイト




最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。