スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大型犬をマンションで飼う心構え

2009年03月06日 22:21

200902101.jpg
大型犬とマンションに暮らす事について・・・・・5

大型犬をマンションで飼う心構え・・などと、えらそうに題打ちましたが、
『大型犬をマンションで飼うなんて?!』といった否定的な意見を他の掲示板などで見かけて思うのは、同じマンションに住んで欲しくないという人も多いってことなんですかね。

怖いだったり、臭い、汚い・・・3Kと思われてるのでしょう。
それは、大型犬の飼い主が、その汚名をぬぐいさらねば!

実際、私たちのマンションでは、他の住民の方に『大型犬の方がよっぽど問題ないよね』と言ってもらっています。
それは、やはり大型犬を飼っている住民の方が、他の住民に迷惑がかからないようにお互いに気をつけているからですが、それが普通で当たり前のことだと思うんですけどね。

3Kの汚名をかぶらない為には・・・
ワンコをペットではなく、家族として迎えてほしいことが、1番でしょうか。

例えば、家族はみんなお父さんの言う事を尊重しますよね。
でも、子供の意見にも耳をかたむけるべきです。

ワンコにも、そういう家族のルールをちゃんと理解させてあげること。
そして、ワンコの暮らしやすい状態も作ってあげること、だと思うんです。

特に、ワンコと一緒に過ごす時間を作ってあげることが最重要じゃないでしょうか。
パワーのあふれる若い頃は、十分な散歩であったり、活発ではなくなってきたら、マッサージなり、その時々の生活を共にしてあげたいです。

そして、何より大型犬の強い力。
その力をちゃんとコントロールできる事が必要です。
反抗期の時期もあるけども、それも乗り越えられて本当に家族になっていくんやろうね。

力で押さえつけるのではなくて、良い事と悪い事を理解させないと。
うちは、結局手に負えず訓練に通いました。
普段はともかく、興奮したときの対処を教わるために。
私の言う事をちゃんと聞いたら、良い事があるんだと分かってもらえたんだと思いたい!
決して『おやつ』の力じゃないと・・・・・・う~ん・・・・・・

そのしつけ教室のおかげで、『すわれ』や、『ふせ』、『まて』、『来い』と基本的な事もマスターすることができました。

やはり大型犬が向かってくると、普段慣れている私たちでも怖いです。
でも、座ったり伏せたり、大人しく出来ると『怖い』状態ではなくなります。

エレベーターなどでも、突進して入っていくんじゃなくて、先に人が乗っていたら『一緒に乗っても大丈夫ですか?』と声をかけます。
うちのマンションで断られたのは、ひとりだけですが、ペット組合で『大型犬は嫌いなんや』とほざいたおっさんで、早々に引っ越していきました。
ともかく、そう声をかけることで、一瞬身構える人はたくさんいましたので、『どうぞ』とは言われても、そんな時は犬を奥に入れずにドア付近で座らせて乗ります。

出る時も、エレベーターのドアが開くと同時に飛び出そうとするので、『ちょっとまって』とか、『ゆっくりね』とか、リードを押さえて、ホールに人がいるか自分が確認出来てから出ます。
エレベーターが開いた瞬間、ボーッと入ってくる住人と衝突しかけたことも。

そして、集合住宅ならではの共用部分の利用について。
実際ベランダも専有部分ではなくて、あくまで専用使用権がある共用部分です。
犬小屋を置いたりしてはいけないところです。
グルーミングももちろん。隣近所に毛が舞い散りますわ。ダメダメ。

そして、外でもマンションの敷地内での排尿排泄も本当はダメなのですが、じゃあ他所の敷地でするのはもっと迷惑な話で、本来は室内ですませて散歩に出た方がいいでしょう。
まだベランダでペットシーツなりを使って、近所に臭い等の迷惑をかけないように出来ればいいのかもしれませんが、ゼファーは外のしかも土の上でしかしてくれない。

コマンドで、指示した時にだけ排泄するまではしつけられたんですが、家では断固してくれへん。
なので、前述のおばちゃんとも話し会い、ペット専用棟のはしっこの植え込みで排尿させています。
もちろん、水を持ち歩いて、排尿した後かけるようにしています。
排泄は、紙をしいてすぐにビニールに取って持ち帰って捨てています。

幸いにもゼファーは去勢が早かったからか、マーキングをしません。
お散歩時にも、出てすぐ1回。帰り着くまでに、もう1回ぐらいです。

大型犬の排尿排泄の量は、人間ぐらいありますからね。
そして、生まれてから亡くなるまで、飼い主が絶対に世話してあげないといけないということは、あまりにも当たり前なのに、出来ない飼い主のなんと多いことか・・・。

うちのマンション内、廊下やエレベーター内での排泄の犯人は、小型犬だったのですが、それは子供がノーリードで散歩させている時の様です。
小型犬なので、子供でも散歩が出来るのはいいのですが、そうしてうんちおしっこの世話までちゃんと教えてからにして欲しいもんですよ。
また、そのノーリード状態のワンワン吠える小型犬に、入口を塞がれたことも・・・。

他の犬に対して吠えてしまうという社会性の問題は、今も数頭のワンコが残っていますが、分かっていれば、エレベーターも遠慮しますし、マンションの出入りを譲り合うとかしています。

でも、大型犬に吠えられると『怖い』以外の何ものでもありませんよ。
やっぱり、大型犬を集合住宅で飼うには、それ相応のしつけなり訓練なりが必要だと思います。

そうして3Kの汚名は払拭しなければ!!




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://housewithdog.blog10.fc2.com/tb.php/10-29c6cbc4
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。