大型犬と暮らす家の床材-2 リビング

2009年04月02日 22:36

大型犬と暮らす家の床の素材・・・
ともかく滑らない事の一言につきるねん。

でも、滑らないという事は、ひっかかりがあるということ、柔らかいとか・・・
絶対に傷つきやすい事と裏表の関係なんよね。
特に木材、フローリングは、その傷が特に気になる。

ゼファーに限らず、犬って寝床作りに掘るよね。
大型犬を飼っていてソファをやられた話は絶対聞くし。
床なんか、今もしょっちゅう掘られてるし。
かといって、豪邸(夢の家は200坪!)のリビングが今のマンションのようなクッションフロアはありえへんでしょ。

なので、そんな傷も受け止められる広い心、もしくは気にならない板目だったり、無垢材でどんどん削るとか。
いろいろ考えて、多分リビングの床はフローリングにはしないだろうなと。

昔よく行ったドッグカフェや、お友達の家で見たテラコッタ風タイルの床。
あれがいいなぁ~
今は床暖房対応のタイルも増えているみたいやし。
屋内用だとちゃんと選ばないと滑る商品もあるようやけど、屋外用だと大丈夫みたいやし。

20090402.jpg

ということで、リビングの床はテラコッタ風タイル希望♪
具体的な素材選びは、またおいおいと・・・



コメント

  1. とむ | URL | 0VjAYkvw

    タイルです

    テラコッタ(素焼き)は水が染みこんで汚れが落ちにくいですよ。
    テラコッタ風タイルですよね?
    優しいのはコルクタイルです。
    浴室用コルクタイルとかあるそうですよ。

    うちはテラコッタ風のタイルです。
    クイックルワイパーが使えて
    足が滑りにくく、汚れが落としやすい物にしました。
    老犬の嘔吐や粗相に対応できて良かったです。

    最初に提案されたのはトゲトゲした凹凸があり滑りにくいけど
    子どもが転けたら怪我をしそうだし掃除しにくかったです。
    必ずサンプルを取り寄せて確認してくださいね。

  2. zephyrmama | URL | WzbCUW72

    とむさん、はじめまして、こんばんは!
    早速のコメントをありがとうございます。

    テラコッタ風のタイルにされてるんですね。
    確かに本物のテラコッタは室内には向きませんよね。
    床暖房仕様のおともだちの家もきっと『テラコッタ風タイル』なんでしょう。
    スミマセン、あまり気にせずテラコッタタイルと書いてしまいました。
    表現を修正しておきます。

    コルクは実家が2種類のコルクの床なんですが、
    ちゃんと施工した方はつるつるすべりまくり、
    簡易マット的なコルクタイルは、柔らか過ぎてすぐにボコボコに・・・
    浴室用は初めて聞きました。また調べてみますね。

    サンプルは仕事柄いろいろ取り寄せてるので、
    今のハウスの下にもいろんな種類のタイルが敷かれてるんですよ。

    これからもどうぞ宜しくお願いしますね~

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://housewithdog.blog10.fc2.com/tb.php/27-1d5818cf
この記事へのトラックバック


最新記事