大型犬と暮らす家の床材-4 カーペットやラグマット

2009年04月06日 13:05

マンションでの応急処置として少し触れましたが、カーペットの事をもう少し追加したいと思います。
まだすぐに家を建てられる状況ではないので、床材を選んでいる段階じゃないんですけど。

今のマンションで一番試行錯誤したのは、カーペット類でした。
不衛生になりがちなので万人にお勧めできないですけど、クッションフロア同様、いえそれ以上に全然滑らないので、我が家には必須です。

買って来て敷くだけなので、ゼファーがフローリングで滑っていると気付いてすぐに買ってきました。
1畳敷きを廊下にしきつめて、リビングもほとんど全体に敷き詰めました。
でも、問題はカーペットが滑るんです!
なので、滑らないための下敷きを買ってきたり。
ゴム製のものなので、敷きっぱなしだと、フローリングにゴムの一部が付いてしまうので、時々の位置調整が必要です。
今も台所の下はこの方法。

廊下は、カーペット用の両面テープで固定したりしました。
リビングは家具があるので、あんまり動きませんけど。

でも、いたずら盛りの子犬の頃でしたから、噛むわ掘るわで・・・
あっと言う間にぼろぼろになりました。
その後、クッションフロアを敷き詰めたんですが、今もその上にラグマットを敷いています。

このとき選ばなかった選択肢ですが、オフィスなどでよく使われるタイルカーペットなどがあります。
ホームセンターでは種類はあまりありませんが、50cm角や40cm角のもので、裏がゴムになっています。
簡単に切れるので、自分で枚数を買ってきて敷き詰めることが出来ます。
家庭ではそんなに接着して固定するほどのことはないかと。
それに、犬の滑り止め対策で敷くのであれば、汚れたところだけ剥がして張り替えられるので、接着してしまうとそれができません。
普通のカーペットほど毛足も長くないので、掃除機もかけやすいでしょう。

今我が家では、普通のラグマットなので、コロコロの粘着テープを使うことも来客前はありますが、通常は掃除機の後、エチケットブラシを全面にかけて毛を集めています。
毎回コロコロしてると使用量が際限ないですから。


タイルカーペットは、クッションフロアよりかなりお値段がはるのでやめたんですけど、長い目でみるとそれでもよかったかなぁと思っています。
結局クッションフロアの上にラグマット敷いて、何度も買い替えてますからね。

タイルカーペットは、ホームセンターでは、50cm角で300円ぐらいから売っています。
12畳(約20平米)のリビングに敷き詰めると80枚ほども必要になってくるので、2万超えます。
メーカーのものだと色んな柄がありますが、安くても平米5000円以上なので、10万!と思いやめたのです。

クッションフロアだと、ホームセンターでは、180cm幅で2000円までで売っています。
安ければ1000円とかも。
同じく12畳のリビングだと11mぐらい。2万以下におさえられたんです。
これも、施工なしで敷き込みだけを自分でしましたから安いんですけど。

マンションではね、どうしても床工事とかは難しいですから、フローリングの上に、なんらかの工夫が必要ですよね。
20090406.jpg

カーペット類は、こんな感じで、どうしても汚くなりますが、足にはいいと言う事で・・・




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://housewithdog.blog10.fc2.com/tb.php/30-a860c3d6
    この記事へのトラックバック


    最新記事