カーテンはマンションの購入時にはご一緒に?

2009年04月19日 23:50

マンションを契約した時に、オプションを指定しますが、カーテンも聞かれますよね。
設備ではないので、オプションといっても何だか違うんですが。

カーテンはピンからキリまであります。
マンション購入時に一緒に頼むと一流メーカーであつらえてくれるのですが、既成のサイズではなく、その各部屋の窓サイズに合わせて作ってくれるので、また高い!
実際、窓のサイズを測ってカーテンのタイプにあわせて長さ大きさを割り出して・・と簡単ではありません。
が、窓のサイズを自分で測ってお気に入りのショップで注文すれば、その半分ぐらいの金額ですみます。

なので、カーテン生地から自分で買って、真直ぐ縫うのだけであれば、是非頑張って自分で作りたいと。
ドレープは作れなくても、プリーツテープを真直ぐ縫い付けてですね、3本足プリーツフックを使えばいいんですから。
そうして、リビングのレースカーテンは自分で作りました。

と、それは今のマンションの話。
ここに住むと決まった時はまだペットは飼っていなくて、まさかカーテンがこんなことになるとは思ってませんでしたから。
20090419.jpg
もう、すっかりゼファーのヨダレ拭きになっています。

猫ちゃんでも、よじ上る子多いですよね。
ゼファーも子犬の頃はカーテンの裾で遊ぼうとしましたから、いつもくくり上げてました。

そう、カーテンは犬猫の最高の遊び場となってしまうわけです。
破られなかったのが幸いですわ。

なので、最近お友達の家のカーテンで教わりました。
前に読んだ本にも載ってたんですが、上にたくしあげるタイプのカーテンがいいんですって。
ロールスクリーンとか、ブラインドでもいいんですが、インテリアとしてはローマンシェードカーテンにしたいと思っています。

ローマンシェードとは・・サンゲツのカーテンのサイトに飛びます。

シェード用の手作りパーツも売ってるんですが・・・

夢の家のカーテンはローマンシェードで発注しようかなと。

補足ですが、ファブリック(布もの)は、すごく臭いを吸収します。
なので、ペットを飼っているなら洗濯はまめにした方がいいでしょう。(自分に言い聞かせて!)
また、消臭効果のある生地もあるようですよ。

更に、近隣への防音対策として、遮音カーテンを使うという手もあります。
壁一枚でお隣のあるマンションでは、特に効果的かもしれません。
窓から外へもれる音は壁伝いに聞こえる音より意外に大きいものです。

でもその前に、何を吠えてるのかコミュニケーションが大切だと思います。
あんまり怒ってると血圧上がりますから。汗




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://housewithdog.blog10.fc2.com/tb.php/33-41e475fc
    この記事へのトラックバック


    最新記事