スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リードフック その1

2009年05月07日 23:40

200905071.jpg
ゴールデンウィークは、遊び倒してきたわけですが、今はサービスエリアの多くにドッグランがあるんですね。
ほんとに有り難いです。
写真は、ドッグラン横のスターバックスのテラス席にあったもの。
元々、有名メーカーのリードフックが、このような逆さイカリの感じ。
これは、ひっかけたリードもはずれにくくて、優秀ですよね。

それにくらべて、うちのマンションにあるリードフックは最悪でした。
元々ペット専用棟であるにもかかわらず、どこにもリードフックはありませんでした。
住み始めて数年後、ペット組合に提案され、エントランスロビーに設置することに。

しかし、最初に設置されたのは、左の様なリングのついたもの。
(記憶をたどって適当に描いてますが)
犬を飼ってない人が考えたのでしょう。
『適当なリードフックを設置』って注文したのでしょうか。
ものすごく、ごつい5~7mmもありそうな鉄板ベースが頑丈にレンガの壁に止められてて、直径10cmもありそうな大きなごつい輪がついてました。
これなら大型犬でも大丈夫!とか思ったんでしょうか。
どうやって、リードを『ひっかける』ねん!っと思って数週間後、右のようなものにつけかえられました。
穴の部分を切れ込みにした様です。
エントランス
とりあえず、リードはひっかけられる様になりました。
しかし、再設置されたものも、結構使いづらい。
こんなに分厚い鉄板なのに、リードをひっかける部分の切れ込み幅は1cm程。
大型犬で、縄のようなリードを使ってる人いてるでしょう。
アレは、ひっかかりませんわ。
普通の平べったいリードに限るって感じです。

うちのマンションは、ポストがエントランスホールの隅の入り組んだところにあり、片手にリードを持ってポストの中身を出そうとすると、絶対に犬は非常階段の前で待つ事に。
それで、低層階の方は非常階段をよく利用されているので、いきなりドアが開くことがよくありました。
どちらもビックリしますよ。
しかも、そこは、外からもエレベーターからも見えない位置だったので、エントランスホールに入ったら犬がいた!って事もしょっちゅう。
他のワンコに吠えてしまう子も結構いてるので、エレベーターホールのどこからでも見える位置に、係留出来る様に設置してもらいました。
だから、当初の希望としては、十分合格点な訳ですけどね。

また、同時期にマンション共有のグルーミングルームに取り付けられたリードフックは、下の2種類。
なぜ、違う種類なのか謎ですけど、左はまあ使いやすいですが、位置が悪い・・・
右は、ちょっと動くとリードがはずれて落ちそうなかわいいサイズです。
今なら、いろいろサンプルもあるのでしょうけど、4~5年前では難しかったんでしょうね。
DVC10031.jpg

夢の家で考えているリードフックは、次回へつづく。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://housewithdog.blog10.fc2.com/tb.php/37-d3e99f50
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。