スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大型犬と暮らす夢の間取り

2009年08月22日 17:29

大型犬と暮らすにはどんな間取りが理想なのか。
ようやく、専門分野のお話しです。(今日のは長いです~)
これでも一応空間設計の仕事をしてますから。

理想と言っても、それぞれの暮らし方のスタイルがあるでしょうから、あくまでゼファー中心の生活な我が家の場合ですけども。

玄関から入って家族が集うリビングへの動線で考えてみます。

昔一人暮らししていた頃の間取りといいましょうか、一番ミニマムなのは、こういう1方向動線の間取りですよね。
200908221way.jpg
狭いタイプのマンションの間取りとかは、こんな感じかな。
廊下がなくて、全部の部屋を通らないと奥へ行けないの。

で、少し部屋数が増えても、それぞれの部屋ドアが廊下に面しているのも、ある意味1動線のみですよね。
200908221way+.jpg
マンションとかでは一番標準的なのかな。
すごい広いマンションでも、こういう間取りを見かけますよね。
子供部屋なんかが、玄関入ってすぐとかって、家庭での会話が減りそうで好きじゃないなぁ。

そして、ちょっと便利に家事動線を増やすとこんな感じになります。
200908222way.jpg
お客さんには台所等のバックヤード的な所は見られるところなく、リビングとも水回りともつながった通路をもつ台所。
主婦としては、大変使いやすいですよね。

で、我が家自慢になりますが、うちのマンションはさらにもう1動線ある間取りが多いんです。(お隣もそうなんです)
200908223way+.jpg
和室がリビングに面してるんですが、廊下にも面してるんですよ。
だから、和室からトイレには直接廊下に出て行けます。(コレ私の秘密通路になってます。笑)
犬用の水飲み場を洗面所に置いているので、ゼファーは廊下からドアを開ける事なく洗面所から台所をぬけてリビングに来れます。
そこは、ビニールカーテンでクーラーの冷気を出さない様にしてるのですが、なぜか相方もそのルートを一番利用します。
なので、リビングへのドアは一番使われてない不思議な家です。笑

で、長い前置きでしたが、ここからが私達の夢の家の間取りです。
20090822my3way.jpg
ともかく、廊下ってのが好きじゃないんですよ!
個別の部屋を区切るには必要なんでしょうけども、我が家は夫婦ふたりと犬ですから、廊下要りません。

そのかわりに、玄関入ってすぐに広い土間というか、中庭というか、アウトリビングというか、靴のままうろうろ出来るスペースが欲しいんです。

玄関から犬用の足洗い場などの水回りにも通じていれば理想的!

天気の悪い日にはちょっとした室内ドッグランに変身!

主婦はそのまま台所へも入れて、お客さんはリビングへ。

パブリックエリアと、プライベートエリアを南北で分けたいんですよね。
南側は広いリビング希望です。

夢の豪邸ですから、今のうちは言いたい放題、好き放題~♪
北側もしくは、2階がプライベートスペースかな。
平屋が希望ですが、どんな広い敷地が必要になるんだか。笑

リビングを中心に広いワンルーム的なのがいいのですが、そうなると空調が心配。
どれほどの光熱費になるやら。
そうなると、室内に窓とかになるのでしょうか。
ゼファーは特にひっついてくれる犬ではないですけど、気配を感じることができたり、姿が見えたりする方が安心できるワンコが多いですよね。

この間取りだと台所だけ犬が行けないようにすることも可能ですし。
でも、基本的に、人と犬の居場所を分ける事は好きではありません。
私も犬とずっと一緒にいたいですから、できるだけ人も犬も使いやすい夢の家を建てたいなぁ~と思っています。

早くロト6当たれ! 笑




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://housewithdog.blog10.fc2.com/tb.php/53-b41356dc
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。