スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マンションは、どこをみて買うか!

2009年11月28日 13:37

マンションの購入を決める際、犬が飼える事が絶対条件だった我が家ですが、一応いろいろマンションのモデルルームを見てまわりました。
『犬が飼えるマンション』は、4~5件ありましたが、『ペットを飼う人のためのマンション』は、ここだけだったので、購入を決めました。

マンションを買う時に気をつけたい点について、先日水道工事に来た業者さんが熱く語って帰ったのですが、その話が面白いものだったんです。
その人は、どうやらマンションの管理などの仕事もしているらしく、それはそれはいろんなマンションを見ているのだそうです。
その中で、絶対に自分は買いたくないマンションとして『小川とかの水が流れる様なマンション』『駐車場が機械式のマンション』を上げていました。
それ、どっちもうちですが。汗。
管理費高いでしょ~って言われましたよ。


水景のあるマンションは、絶対にその分の管理維持費が必要だかららしいです。
ポンプのメンテが何年かに一度必要なのですが、それがすごく高いそうです。
確かに管理費は高めですけど、その雨水タンクは火事などのいざという時のためのものだと思うのですけど、実際はどうなのか知らないですね。

駐車場も、今では自走式の駐車場別棟のマンションが多いですが、当時は機械式ばっかりでしたね。
立体駐車場だと、10年を超えるとメンテに費用がかかってくるそうです。
最悪のケースでは、壊れてしまって、その部品がもう古くて無いので、住民がお金を出して作り直さなければならなくなったそうです。
一軒あたり50万円程の出費になったそうですが、払わない家があったり、それじゃあ出て行く!と言った家もあるそうですが、逆にそんな駐車場が使えないマンションは売りにくいですよね。
確かに、うちのマンションも雨のかかるところの傷みはひどいそうです。
ただ、夫が言うには、最大手の機械式駐車場なので、部品が無くなる事はそうそうないだろうと。
駐車場用の修繕積立金も計画に入っているので、大丈夫だと思っているけど、実際は空き駐車場が多いから予定通り積立金が貯まっていないことは心配だと言っていました。

ちなみに、水道栓の修理で来てもらった業者なのですが、同じ修理を隣の棟でも数件したと言っていました。
塩素濃度の関係で、同じぐらいに傷みがでてくるそうです。
そして、そこも犬を飼ってたよと言うのです!
そこは、ペットを飼ってはいけない棟なんですけど!

このマンションを買った理由のひとつとして、ペットを飼える棟と飼えない棟を分けているので、犬猫を好きではない人は、別の棟を買うだろうと思ったからでもあります。
様々な事情でペットがいない事を理由に購入した家庭もあると思うのです。
それでも、マンションの手前でバッグに犬を入れて裏口から入っていく住民をたまにみかけます。
管理組合でも問題になりましたが、『飼っていない』の一点張りらしく話になりません。

かわいそうなのは、こそこそ飼われているペットですよ。
絶対にヤミ飼いはやめて欲しいと思います。

何を基準にマンションを買うかは、人それぞれの価値観によりますが、ペットの事もきちんと考えて欲しいなと思います。
その時の業者のおっちゃんの基準は、いかにメンテに費用がかからないかが基準らしいです。

それも大切だとは思いますが、長くなったので私たちがこのマンションを買った他の理由は、また今度。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://housewithdog.blog10.fc2.com/tb.php/62-1bb1e143
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。