スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大型犬の災害対策

2010年01月16日 23:53

阪神大震災から15年。
私達は当時から大阪在住なので、震度4を体験しています。
相方とも出会ってなくて、もちろんゼファーも生まれてない頃で、独身貴族を満喫していた頃ですね。

当時そんな防災なんて意識は全くありませんでしたが、震災後、家族も出来、何より大型犬を飼う様になったので、災害についても備えなければいけないなと思う様になりました。
当時もペットについては、避難所に入れない、食料がないなど問題がたくさんありました。
15年たって状況はずいぶん改善されたと思いますが、それでも災害時は誰でも自分の事で精一杯になると思うのです。

ゼファーも音響シャイなので、すぐにパニックになったりします。
ただでさえ、大型犬なので怖い人も多いでしょう。
動揺している大型犬を落ち着かせるのは、本当に大変です。

ゼファーも訓練を受けているので、基本的なコマンド(命令)は誰が出しても通常ではちゃんと対応できます。
でも、例えば爆竹や花火、以前では泊まった宿の屋根から雪が落ちる音など、通常経験していない音では、パニックになり、今いる所から逃げようとします。
そうなると、どう声をかけようともダメで、力づくで押さえるしかありません。

今は8歳、年齢と共に多少は落ち着きました。
2歳ぐらいまでは小型犬に吠えられてもビックリして逃げていましたから。
今では少し大きな音がしても、しっぽは下がるもののパニックにはならずに少しリードを引っぱるぐらいで、すぐに落ち着く様になりました。

でも、もし大きな災害が起きたらどうなるでしょうか。

他の犬達も落ち着いていられるでしょうか。
周囲の雰囲気を敏感に感じ取るので、ゼファーに限らずとも挙動不審になってしまうと思うのです。

そんな時に備えて、今我が家で準備しているのは、非常時の犬用の食べ物とゲージぐらいです。
大型犬なので、多分避難所に入れてもらう事は不可能でしょうし、仮に出来たとしても、小型犬でも、ゲージは必須だと思います。

持ち運びも出来るソフトゲージも購入しましたが、でかすぎて持ち運びは不安ですけど・・
今は、車がないので、テントでも購入しておいた方がいいのかなぁ。

避難所では服を着せる事も、毛のとびちり防止になるのでいいと思いますよ。
ガラスなどの危険な物が落ちているかもしれないので、犬用の靴も必要だと思うのですが、持っていないので、せめて人間用の靴下ぐらいは履かせてあげるほうがいいのかな。

もしゼファーが歩けない状態になってしまった事も想定して、大きなタオルかシーツなど移動させることの出来る手段も考えておかないといけないとか。

考えだすときりがありませんが、ゼファーを守ってあげられるのは私達しかいませんからね。

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://housewithdog.blog10.fc2.com/tb.php/66-b9f56b74
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。