マンションのデメリット

2009年03月05日 22:19

200902104.jpg
大型犬とマンションに暮らす事について・・・・・4

大型犬とマンションで暮らすことのデメリットについて。

メリットを記事2つにも分けて書いたんで、デメリットも書かんとアカンやろと思いましたが、デメリットは私が思うには、ないんですよね。

一戸建てとマンションを比べたら、特にないです。
あ、でも、災害時は、一戸建てと比べると、避難が大変でしょう。
エレベーターが止まったら、うちは低層階なので外階段でもしれてますが、上の方は大変でしょう。
特に救助となると、途端にペットは後回し、最悪救助されないんですもんね。
一戸建てだったら、どうにか助けてもらえそう。

唯一にして最大のデメリットですわ。

なので、一般的に懸念される事柄について、ここの現状を少し書いてみます。
『大型犬をマンションで飼う』という事に、懸念される意見として多いのは『狭さ』でしょうか。

大型犬 = 広い生活スペースが必要

と思われるのかもしれませんが、一戸建てならその広さがとれるのかと。
広い庭や、犬専用の部屋があるような家庭でしか、大型犬は飼ってはいけないのかと。

じゃあ、私たちの様なデカイ夫婦は、広い家じゃないといけないのかと。(そうだそうだ!)

そんなことは全くなくて、食事をする場所があって、寝る場所があって、少しくつろげるスペースがあれば、人間と同じぐらいの広さの生活環境で十分だと思います。

一戸建てでもマンションでも、お散歩は当たり前。
庭があればストレスが発散できるのかといえば、人間に置き換えて考えてみれば同じで、広いお城だからって城からでれなければ、ストレスは貯まるんですわ。

では、家の中で暴れて、下の階に足音が心配されるかというと、そこまで家で暴れる大型犬ってそうそう聞かない。
家ではゆっくりくつろいでますわ。
人や子供の足音の方がよっぽどうるさい。

条例で指定されるような特定犬種で、檻が必要なのであれば、実際マンションに設置は不可能です。
しかし、そうではなく、人と一緒に普段の生活をおくれる範囲の大型犬であれば、マンションであろうと一戸建てであろうと、関係なく普通に生活できますよ。


後は、共有部分での問題でしょうか。

自分のものであって、自分のものでない場所??

玄関ドアを一歩でた場所は、マンション管理組合が契約した清掃会社が掃除してくれています。
じゃあ、そこは自分の家ではないのかというと、専有ではないだけで、共有の部分です。

なのに、そういう感覚のあまりない人達も、実際いてるんですよね。
エレベーターや廊下に、ワンコが排尿排泄しても、放置しとく人。

うちのマンションでもずいぶん問題になりましたが、ひとりのおばちゃんが、清掃会社の休みの日や、朝早くや夜遅く、せっせと掃除し、訴え続けてくれて、ずいぶん減りました。

ほんとに、あのおばちゃんのおかげで、各箇所にカメラもついて犯人も特定されたようです。
最近はほとんど見かけません。
ありがとうございました。

エレベーターで他の犬が乗ろうとすると、ギャンギャンワンワン吠えるワンコもいます。
問題ではありますが、マンションの敷地を出ると吠えないんですよね。
その子は、マンション建物全部が、自分の家だと思ってるんですね。
ある意味えらいぞ。
公園では、ゼファーに挨拶しに来たりするのは、ちょっと謎。

そんな、鳴き声は確かに問題かもしれません。
一斉に吠え出すし、他所のインターホンでも吠えてるし。

しつけの先生に相談するなど、ペット組合でも意見が出ましたが、どうしようもない程ひどい話はなく、まあどこも飼ってるしと言う感じで、容認されてるのかも。

その辺が、ペット専用として入居しているので、納得済みなんでしょう。

デメリットと感じるかどうか、私は感じてないと言う事ですわ。




大型犬とマンションに暮らす事について・・・・・1 ペット共生マンション と ペット可のマンション
大型犬とマンションに暮らす事について・・・・・2 マンションのメリット ハード面
大型犬とマンションに暮らす事について・・・・・3 マンションのメリット ソフト面




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://housewithdog.blog10.fc2.com/tb.php/9-4156250c
    この記事へのトラックバック


    最新記事